飲食店を経営する男性の場合

私は5年前に脱サラし、飲食店を経営する男性です。
店を出した当初はなかなか大変でしたが、幸い店も軌道に乗り、今度店をもう1店舗増やすこととなり、その店が順調にいくことを願っている昨今です。
飲食店を切り盛りするだけでは無理で、私はカードローンを最大限に活用してきました。
カードローンの利用で大事なことは、数あるカードローンの特徴をよく調べて、自分の目的に合ったものを選ぶということですね。
私が最初に利用したきっかけは、自宅の水道が水漏れしていたので、急に修理のための工事が必要となり、考えていた以上の工事費用がかかってしまったことです。
業者の見積り金額を見て驚いたのですが、工事しないわけにはいかず、急いでカードローンの申し込みに走ったというわけです。
利用して助かったのを契機に、今後も急な出費があることを想定して、まず「金利が安く、限度額が高額」なカードローンを申し込んで利用することにしました。
支払い方法は借入総額に金利がかかる「アドオン方式」ではなく残高に金利がかかる「元利均等方式」がいいと思います。
そして実際に急な出費が必要な事態が発生した場合は、今回の経験を生かして切り抜けていこうと考えています。